税金にはどんな種類がある?

税金ナビ.com

税金ナビ.com トップ > 税金の種類

税金の種類

直接税とされるものには様々な種類が存在し、納付義務が課せられる場合も税金の種類によって異なってきます。ここでは税金の一部を紹介します。

様々な税金

所得税

所得税とは、広義には所得に課せられる税金のことを指します。この場合には法人税や固定資産税などを含むといえます。また狭義には、1月1日から12月31日までの1年間に生じた個人の所得に課税される税金(国税)のことを示します。所得税は、累進税率や各種人的控除を組み合わせることによって、租税の垂直的公平を保つのに有効な租税であるとされています。

法人税

法人税とは、法人の所得金額などを課税標準として課される税金で広義の所得税の一種になります。

事業税

事業税とは、地方税法に基づいて制定される、法人の行う事業及び個人の行う一定の事業に対して、その事業の事務所又は事業所の所在する道府県が課す税金のことをいいます。

固定資産税

固定資産税とは、個人や法人が所有する土地や家屋、有形償却資産に課せられる地方税のことを言います。

相続税

相続税とは、人の死亡に基因する財産の移転に着目して課される税金のことを指します。また相続税の補完税として、財産の贈与時に課せられる贈与税があります。