サラリーマンが知っておきたい源泉徴収・年末調整・確定申告

税金ナビ.com

税金ナビ.com トップ > 源泉徴収・年末調整と確定申告

意外と知らない源泉徴収・年末調整・確定申告

源泉徴収とは

源泉徴収とは、給与・報酬などの支払者が、給与・報酬などを支払う際にそれから所得税などを差し引いて国などに納付する制度のことです。源泉徴収は、広い意味では給与・報酬などの支払の際に所得税や住民税・社会保険料(健康保険料・厚生年金保険料など)等を差し引いて国などに収めることを言いますが、源泉徴収と言えば、通常所得税の源泉徴収のことを指すことが一般的です。源泉徴収された所得税の調整については、自営業者などは確定申告、サラリーマンや公務員などの給与所得者は年末調整、といった制度により調整が行われます。

年末調整

年末調整とは、給与所得について毎月源泉徴収した所得税の合計額が同年中の給与総額に対する所定税額(法定の控除をしたもの)に比べて過不足が生じる場合に年末の給与支払の際にその支払者が差額を精算することを言います。

確定申告

確定申告は以下のように規定されています。

個人の確定申告

個人が、その年の1月1日から12月31日までを課税期間として、その期間内の収入から医療費や家屋の新築・増改築・売買、盗難や火災、寄付、株式の配当などの収支を計算し、その確定した年内の所得を税務署へ申告し所得税額を確定すること。

法人の確定申告

法人が、原則として自己の定款に定められた営業年度を課税期間として、その期間の所得を確定して税務署へ申告し、法人税額を確定すること。

消費税に関する確定申告

消費税の課税事業者である個人又は法人が、課税期間内における消費税額を税務署へ申告しその金額を確定すること。

確定申告の手順

  1. 収入金額(支払金額)-必要経費=所得金額(給与所得控除後の金額)
  2. 所得金額-所得控除(所得控除の合計額)=課税所得金額
  3. 課税所得金額×税率=所得税額
  4. 所得税額-税額控除(定率減税など)=申告納税額