税金のことなら税金ナビ.com

税金ナビ.com

税金とは

国や地方公共団体は、国民や住民に様々な公共サービスを提供しています。防衛・警察や消防、社会保険、福祉、子供の教育や老人介護などのサービスにより安全で健康的な生活が保障され、道路建設、上下水道、防災環境の整備といった公共事業により、私たちの生活は支えられています。税金は、国や地方公共団体がこれらの公共サービスを提供するのに必要な経費について、国民や住民の負担を求めるものということができます。

納税の義務

国民は日本国憲法の第30条により税金を国に納める、納税の義務を負っています。これは、「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負う」と規定しています。法律によらずに国や地方公共団体が負担を求めることはありませんが、法律によって負担を求められれば、納税の義務を負わなければなりません。国民が納税の義務を負うという憲法の規定は、国が存在する上で税金は欠くことのできないものの一つであることを示しています。